用途によって異なる!消泡剤の正しい選び方


製造する製品によって選べる最適な消泡剤

消泡剤を工場で使用したいけれど、どれが最適なものかわからないので困っている事業者の方もいるのではないでしょうか。消泡剤は使用する用途によって製品を選ぶことで、効率的に泡の発生を抑制できます。油を含んだ製品の製造で泡が生じる場合に使用できるのが、オイルをベースにして作られている消泡剤です。特に水分を混入できないタイプの製品で、泡の発生を抑制したい場合には、使用しやすい消泡剤です。水分を含んでいる製品に使用できるタイプの消泡剤もあり、泡が発生しやすい作業でも、効率的に作業が進められます。食品など人の口に入れる物を製造する工程で泡が発生する場合もありますが、食品の製造に使用できるタイプの消泡剤も販売されています。

発泡剤を使用する場合にも使える消泡剤

製品を製造する過程で発泡剤を使用しなければいけない場合でも、消泡剤を効果的に使用できます。発泡剤の使用で発生した泡をそのままにして作業を続けると、製品の品質に影響する場合もあるので、発生した泡を消去できる消泡剤を使用することで、製品の品質向上に役立ちます。どのような種類の発泡剤を使用するかによっても、効果的に働く消泡剤は異なり、使用する発泡剤と相性の良い消泡剤を選ぶことで、作業を効率的に進めることができます。発生する泡によっては特定の性質を持っているものもあり、アルカリ性や酸性など、製造に使用している原料などによって、発生する泡の種類も異なります。消泡剤の中にはアルカリ性や酸性の泡を抑制する効果が高いものもあるので、消去したい泡の種類ごとに適切な消泡剤を選択すれば、作業の効率的な進行に役立ちます。

豆腐製造の際に出てくる泡は見た目を悪くします。そこで使われるのが消泡剤。加工助剤となるため、出来上がった豆腐の中に成分は一切残っておらず、害となることはありません。