CADソフトを初めて導入する時に押さえておくべきポイントとは


初心者から上級者まで扱いやすいソフトを選択しよう

製図のクオリティを高める目的でCADソフトを初めて導入するにあたっては、初心者から上級者までなるべく扱いやすいものを選択することが重要です。特に、設計事務所から機械メーカーまで様々な事業所で採用されている汎用性が高いCADソフトの中には、使い勝手が良いものがたくさんあるため、早い段階から各製品の機能性や操作方法をきちんと把握することがおすすめです。最近では、CADを実際に操作するスタッフを対象に簡単に研修を行うだけで、すぐに業務に活用できるソフトも続々と登場しています。そうした中、効率良くニーズに合うCADソフトを見つけるうえで、複数のIT企業が扱っているソフトの法人向けの資料を取り寄せたり、担当者に直接相談をしたりしてみましょう。

複数の部署にソフトを導入する際はコストもチェック

自社内の複数の部署にCADソフトの導入を計画するうえで、トータルコストをチェックして経済的な観点からも無理なく導入可能なものを見極めることが大切です。また、経験豊富なCADオペレーターが在籍する部署においては、高性能のソフトの導入が必要となるケースが多いため、早い時期から近い将来のソフトの導入の必要性について考慮をすることが肝心です。CADソフトをメインに扱うIT企業の中には、新規の顧客に具体的にソフトの導入時やメンテナンス時に掛かるコストについて分かりやすく説明をしているところが多くあります。そのため、少しでもコストパフォーマンスが良いソフトを見つけるために、顧客対応が良いIT企業にサポートを受けると良いでしょう。

水道CADはCADの一種で、上下水道などの配管図面を作成するために利用されるツールです。パソコンで、綺麗で正確な図面をつくることができます。