アナログから卒業して効率的なデジタル作業へ!CADを導入するメリット


様々な無駄を削減して作業時間を短くできる

CADによるデジタル設計・製図はさまざまな手間を削減できることが大きなメリットです。例えば図面に修正すべき部分がある場合、アナログの手書き図面だと消しゴムで修正箇所を消して書き直す必要がありますが、大抵は複数の必要な線まで消して線を引き直すことになるので非常に手間のかかる作業でした。しかしCADなら重なり合った線であろうと、不要なものだけをピンポイントで消して新しい線を引くことが簡単にできるので、かかる時間が圧倒的に短く済みます。また図面の複製も可能なので、既存製品を改良するバージョンアップの際も、前の図面を複製して必要な部分だけ書き直す事が容易に可能です。また手書き製図だと度々起きる数値の入力ミスなどのヒューマンエラーも、CADなら自動的に正しい数値を割り出して入力してくれる機能などもあるため、間違えることがありません。数値のミスによって起きる手戻りがなくなるので大幅なロスカットに繋がります。

アナログでは得られないメリットの数々

CADはデジタルファイルなので複製も簡単にでき、取り扱いの幅が非常に広いです。例えば物理的に持ち運ぶ必要がないので遠く離れた人に内容を確認してもらう際も、データをメールに添付して送るだけで良いですし、FAX等のように文字が潰れたりする画質の劣化も起きません。こういったデータ共有の容易さは他社との共同プロジェクトなどで特に大きな利便性があり、わざわざ出来た図を持って言ったり来たりする時間や移動コストのロス、もしくはわざわざ集まって共同作業が出来るスペースを作る手間や費用がかからないのでやりやすくなります。また手書きと違ってCADの使い方には個性が強く出ることも無いので、ノウハウの共有も比較的容易です。

電気CADは、最近効率化や自動化が進んでいる分野です。スピーディーに図面作成や見積もりをしてくれる専門業者を選びましょう。